最近では外国人の見物人もどんどん増えてきていて、マスコミで花見での外国人客のマナーについて報道されていますね。外国人客はなんとお土産として桜の枝を折って持ち帰ったり、花見の後に出た大量のごみをきちんとゴミ収集場に捨てずに放置することがあるようです。1年に1度しかない花見なので、マナーはある程度は守っていただきたいですね。寒い冬から暖かい春になると花見ができるのも楽しいですが、私は毎年春になると花粉症ぎみになるので常に息苦しいマスクをつけて花粉症を防がないといけないのでとても面倒臭いです。花粉症の症状に耐えながら、花見を楽しんでいますが、しっかり花粉症対策してもくしゃみや鼻水等の花粉症症状はひどくなる一方でつらいです。この頃は、花粉症の症状を抑えられる薬もあるようなので、今度病院に行って薬を処方してもらおうかなと考えているところです。暖かい気候となってキレイな花が咲く季節になりました。東京で有名な桜の名所をあげると、上野公園と隅田公園です。いずれの場所も私の家に近いので、散歩をするついでに花見しました。隅田公園で毎年行われている桜まつりは、3月下旬の暖かくなる季節から始まる桜を見物できるおまつりで、ピンクに咲き誇った桜を見れます。隅田公園の桜の魅力的なところは、隅田川を流れる屋形船からも大きな桜道を眺めることができるところ。日が沈み暗くなると桜がライトアップされるので、夜になって光に照らされた桜を屋形船からみることができるのがとてもよいです。上野公園の桜は300メートルの桜並木が魅力的であるところなんです。淡いピンクの桜並木はビューティフルです。でもここの公園のネックなところは人ごみの多さです。1日に100万人以上の花見客がいるようです。