音痴を根本から直す(治す)には

音痴の原因になっているのは、まず音程が取れない、次に音域が出せない、リズム感が悪い、声量の調節が付けられない、があります。意外と音痴を克服する方法では、どれも平均的に直していくよりは、直しやすいものから治す方がおすすめです。

現在、音楽教育が幼児教育から行われているために、あまりリズム感が悪いという方はいないものです。

リズム感が悪かったのであれば、音楽に対する興味自体持たないでしょうし、
音痴を直す気持ちや克服する方法に興味もないはずです。

そのためどのようにしたら、とりあえず根本から直す(治す)ヒントになっていくのかといえば、
音程を安定させる訓練からはじめるのがベストです。

この音程を安定される訓練には、子供のころに歌った童謡を歌いこなす訓練が一番です。

いまさら童謡なんて…とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ところが日本の童謡はプロのクラシック歌手でも歌いこなすには、大変なのだと言うことをご存知ですか?
特に日本人作曲家の手による童謡は非常にシンプルだからです。

しかもメロディラインがはっきりとわかり、上手い下手がすぐにわかってしまいます。

日本語の発音が難しいだけではなく、シンプルな構成だから、難しいというわけです。

しかし音程を安定させる訓練にこれほど向いた歌はありません。

そこで音痴を根本から治すには、童謡から歌い直していくことがおすすめです。

数学で壁に当たったら、小学校3年生の算数を解いてみるというのと同じです。

童謡にはすべての歌の基礎が含まれているから最適です。

音痴を克服する方法は他の何かを克服する方法と同じく、基礎からやり直す(治す)のが一番です。

その歌の基礎になっているのが、ソルフェージュでも発声練習でもなく、童謡なのです。




大人気の音痴を劇的に改善する為のプログラム!を実際に購入してみました。
参考になれば幸いです♪

体験レビューはこちら


このページの先頭へ